新連載!関西人Yeni.の横から失礼します。

 

Istanbul Navi 2021年3月号

 

 

 

トルコ在住の方ならすでに取得されているであろう、ヘスコード。ヘスコードとは、トルコ保健省運営アプリ『HES(ヘス)』をスマートフォンにダウンロードすることで取得できる個人コード番号で、本人のCovid-19リスク有無が当局から常にアップデートされるという仕組みである。これがないと、役所はもちろんショッピングモールにも入れない。現在国内線フライトを始め公共交通機関を使った都市移動にも、ヘスコードの提示が求められるそうだ。

ヘスコード導入直後、市民はなかなかもたついた。ショッピングモール内のスーパーへ買い出しに出掛けることの多い我々夫婦は、モール入り口であたふたと携帯を取り出してはヘスアプリを立ち上げ、ヘスQRコード画面を探し出し、警備員に提示してやっと入館出来ていた。勿論もたもたしているのは我々だけでなく、「え、そんなん聞いてへん」「ヘスコードてどうやって取んねん」「俺の代わりに取ってくれ」と警備員に詰め寄る人々も見かけたものだ。

それが今では市民もすっかり慣れ、皆さん提示もスマートである。私も知恵がついて、起動するのに異常に時間のかかるヘスアプリは立ち上げず、あらかじめ撮っておいたヘスQRコードの写真をサッと見せることにしている。対する夫は携帯の待ち受け画面にヘスQRコードを設定したと私に自慢していたが……それだけはしたくない。ちなみに息子にはまだスマホを持たせておらずガラケーユーザーなので、彼のQRコードをプリントアウトした紙を常に持たせている。面倒な世の中になったものだ。

さてそのヘスコード、導入されてからしばらくして今度はイスタンブールの全公共交通機関(地下鉄、トラム、船、バス等)で利用可能な課金式ICカード『イスタンブール・カード』と同期させると当局が発表した。1600万人が住む大都市イスタンブールである、ヘスコードとイスタンブールカードを同期させるなんて恐ろしく気の遠くなる話、どうせすぐに出来るわけない……なーんてタカを括っていたら当局は着々と準備を進めていたようで、すっかり忘れた頃に今度は同期されていないイスタンブールカードが間も無く使えなくなると聞いて、慌てて家族全員分の同期作業に手をつけたのだった。

ところが、イスタンブール市の運営する公共交通機関情報ウェブサイトからやろうとしても、入り口でいきなりアウト。私はヘスコード取得の際パスポート番号で登録したのだが、イキャメット(外国人滞在許可証)番号しか入力する場所がない。そこで今度はイスタンブール市ヘルプデスクに電話で問い合わせたら、トルコ人身分証明番号(外国人はイキャメット番号)でしか同期は出来ないと言われ、一からヘスコードを取得し直すことを勧められた。

ほな最初からパスポートでヘスコード取らすな!

振り出しの振り出しに戻る。この国で数限りなく経験してきたことだが、また無駄骨を折りそうな嫌〜な予感……そこで今回は、夫に丸投げすることにした。彼が私のアプリから新たなヘスコードを取得しようとするが、何度やっても出来ない。イラつく夫。頑張れよ〜(  すでに他人事)。それでも試行錯誤の末、一旦ヘスアプリを完全に削除してからダウンロードし直し、なんとか新しいヘスコードを取得。パチパチ。そして新ヘスコードでいよいよ同期作業に進むが、今度は私のイスタンブールカード表面に表示されているはずの16桁の番号がない。使っているうちに、手垢で消えた?! 夫:「いや、昔のイスタンブールカードには番号がなかったからなぁ」

どのイスタンブールカードでも同期できるようにしてよ!

でもそこはトルコ人。めげない夫はイスタンブールカードをひょいと裏返して、下に小さく並んでいる24桁の英数字をランダムに入力し始めた。私には絶対ない発想である。何度か試した後、 夫:「出来た!入力出来たで!ええか、こっからここまでの英数字を入力したらええねん」

謎解きか!なんでそんな暗号解読みたいなことせなあかんの?!

そんなこんなで、ようやくヘスコードとイスタンブールカードの同期は完了したのだった。私の時はあんなに苦労したのに、夫と息子のカード同期が妙にスムーズだったのは気に障ったが。

同期が完了してから初めてバスに乗った時、内心ドキドキしながらイスタンブールカードを車内のカードリーダーに近づけたら、問題なく反応し無事乗車出来た。でもこれだけ頑張ったんだから、「同期完了、おめでとうございます!あなたのコロナウイルス感染リスクはありませ〜ん!」 とかなんとか高らかに人工知能のお姉ちゃん声にアナウンスしてもらえたら、 あの徒労もちょっとは報われた、かもしれない。逆に同期出来ていなかったら何とアナウンスされたら面白いか、バスで一人妄想に耽る私なのだった。

しかし、この話にはまだ続きがある。その後、まだ同期作業をしていなかった友人に知ったり顔でやり方を教えようと再び例の同期用ウェブサイトに入ったら、なんとイキャメット番号以外にもパスポート番号での入力が可能になっていた。

ー了ー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 wakamisako@hotmail.com
@yomikiriistanbul / @torukohitokomagekijou
 読み切り![イスタンブール]/ トルコでこどもを育てています。

                 関西人Yeni.の横から失礼します。index