新型コロナウイルス関連情報(44)ーターキッシュエアラインズPCR検査陰性証明のまとめ

 

Istanbul Navi 2020年12月号

 

PCR検査陰性証明について、ターキッシュエアラインズの東京支社より下記の内容が発表されました。

2020年12月30日以降トルコへ出発する航空便でトルコへ入国、またトルコを経由し第三国へ渡航される6歳以上の全ての方へ、搭乗手続きまでに新型コロナウィルス陰性証明の取得がトルコ共和国保健省の通達により義務化されました。

当局の指示により、有効なPCR検査の陰性証明は以下の基準を満たしている必要があります。

 

有効期間:検体採取がトルコ行き航空便の入国時刻72時間以内

指定検査方法:PCR検査のみ

有効フォーマット:紙、デジタル、いずれも有効

証明書有効言語:言語の指定なし(英語推奨)

※但し、陰性証明の箇所が”NEGATIVE”等、表記言語の非理解者でも判断可能な形で表記される事が必須

 

TK199便ご搭乗手続きの際には、上記の基準を満たしたPCR検査陰性証明をご持参願います。

乗り継ぎで第三国へ行かれるお客様につきましては、最終目的地の規定・制限に関しても併せてご確認いただきますようお願いします。また入国、乗り継ぎに関する条件は変更となる可能性がありますので、ご出発前に最新の情報をご確認ください。

加えて、弊社でターキッシュエアラインズ及び駐日大使館に確認した内容は下記の通りです。

 

陰性証明について

・PCR法(鼻咽頭)、LAMP法(唾液)どちらの検査方法でもチェックイン可能

”トルコ入国の”72時間前以内の検査結果が必要

・トランジットの場合も必要

日本国内線を利用して国際線に乗り継ぐ場合には、最初の国内線利用時にPCR検査陰性証明の提示が必要です。例えば下記のようなフライトの場合、名古屋(中部国際空港)にてPCR検査陰性証明が必要ですので、国内線搭乗後に羽田空港でPCR検査を受けることができません。

NH 086 NGOHND 0725 0830

TK 199 HNDIST 2255 0615+1

ターキッシュエアラインズ以外の航空会社でトルコ入国される場合には、必ず各航空会社に規定の確認をお願いします。

万が一PCR検査結果が陽性の場合、ターキッシュエアラインズのフライトであれば、所定の手数料や運賃差額等をお支払い頂いた上で航空券の日付変更が可能です。出発前に手続きが必要ですので、弊社で航空券ご予約のお客様は下記までご連絡ください。

弊社緊急連絡先 +90-539-795-1545

羽田空港第三ターミナルでPCR検査を受けることが可能です。

陰性証明サンプルを用意しました。NEGATIVEの記載がありますので、この書面で問題ございません。検査詳細に関しては、検査予約の際に再度病院へご確認ください。

 

東邦大学羽田第三ターミナルクリニック

HP www.haneda.toho-u.ac.jp/international/index.html
場所 羽田空港第三ターミナル1階 エントランスプラザ
www.haneda.toho-u.ac.jp/international/map/index.html
料金 検査+陰性証明込 38,500円
受診可能日時 全日(土日祝日を含む)午前9:00~11:30/午後13:00~17:30
予約 時間予約可能/一番遅くて16時までの指定
電話 050-2000-4582 土日休みなし(受付時間 8:30~18:00)
検査方法 LAMP法(唾液)
検査結果 最短2時間、最長4時間で陰性証明発行可能
備考 予約必須(混雑しているので早めの予約を推奨)

 

TRAVEL NEWSインデックスはこちらから

 

新型コロナウィルス関連情報インデックスはこちらから