新型コロナウイルス関連情報(42)-PCR検査に関する追加情報

 

Istanbul Navi 2020年12月号

 

厚生省のKOCA保健大臣が先ほど発表したPCR検査に関しての追加情報です。

トルコ行きの飛行機に搭乗する際、72時間以内のPCR検査陰性証明が必要になりました。

12月28日からの空路入国者、12月30日からの空路・陸路・海路の全ての入国者に対して適用されます。2021年3月1日まで実施が予定されていますが、状況により変更になる可能性がございます。チェックイン時に陰性証明をお持ちでない方は搭乗拒否をされますのでご注意ください。

トルコ政府が要求しているPCR検査陰性証明は以下のような条件になります。

-搭乗時より72時間以内(72時間とはテストを受けた時点からの時間経過)

-英文もしくはトルコ語(トルコ外で受けられる場合は英語)

-文面にはウイルス種COVID-19(SARS-COV-2)が陰性であることが表記

病院指定に関しては入っておりません。病院により陰性証明のフォーマットが違いますが、必ず上記の条件を満たす陰性証明がもらえるか確認をお願いします。

検査方法に関して、日本でのPCR検査は大きく分けてPCR法(鼻咽頭)とLAMP法(唾液)があります。トルコでの一般的なPCR検査は「PCR法」となりますので、LAMP法の陰性証明で入国ができるか、現在のところ不明です。

確認出来次第トラベルニュースを発信しますので、確認ができるまではPCR法での取得をお勧めします。

 

TRAVEL NEWSインデックスはこちらから

 

新型コロナウィルス関連情報インデックスはこちらから