The駐在員リレー@ISTANBUL 第24通

Istanbul Navi 2015年8-9月号 

2015年8月付

From 川上剛司さん

株式会社IHIインフラシステム取締役/イズミット湾横断橋プロジェクトマネージャー

 

Q. トルコ赴任時のご感想は

イスタンブールには、耐震補強工事の関連で2006年12月に初めて出張で来ました。2011年春にイズミット湾横断橋建設のプロジェクトでイスタンブールに着任しましたが、たった4年あまりの間にもインフラ整備や都市開発が猛スピードで進められており、約30年前の日本の勢いを感じました。オスマントルコ帝国時代から残る城塞や宮殿、ジャーミー等の古い建築物と、この数十年間で建設された構造物がうまく調和し、古いものをうまく残しながら街が栄えており、ボスポラス海峡の景色を見るたびに古き時代に呼び返されそうな気分になり、すぐにイスタンブールの街並みが好きになりました。

 

Q. IHIインフラシステムをご紹介ください!駐在員@2015.8-9月号分IH本文写真

IHIインフラシステムは航空宇宙、プラント、運搬・物流・産業機械、造船メーカーであるIHIグループにおいて橋梁及び水門の製作施工、サービスが主な業務です。弊社は現在、日本国内はもとよりベトナムを中心とする東南アジア地域、米国地域、そしてトルコを中心とする欧州・中東地域の4つの拠点を軸に事業を展開しております。特にトルコは、ゴールデンホーン橋、第2ボスポラス橋、イスタンブール大型橋梁の耐震補強工事、そして現在架橋中のイズミット湾横断橋など橋梁工事を40年以上も続け、お客さまからも絶大な信頼を得ていると感じており、まさに橋梁事業にとっては国内に次ぐ第2の市場といえると思います。担当業務としては現在、イズミット湾横断橋という完成すると中央支間長が世界第4位となる吊橋のプロジェクトに携わっています。日本の技術者と技能者がトルコ人技術者、ワーカー達を指導しながら高精度で鋼製の塔、ケーブルを架設しております。道路部となる鋼製デッキの架設は今年秋となります。来春の完成目指して職員一同頑張っています。

 

Q. İstanbulライフはいかがお過ごしですか? 

現在のプロジェクトが着工するまではヨーロッパ側に住んでいたので、休日になるとよく旧市街や新市街、ボスポラス海峡沿いに出かけ街を散策しておりました。 2年半前にアジア側に引っ越してからは、休日出勤しない時はマルマラ海が見える海岸近くのわが家からバーダッド通りまで妻と散歩がてらショッピングに出かけたり、アジア側の大型ショッピングモールまでちょっと足を延ばすことが多いですね。

 

駐在員@2015.8-9月号分IHIプロフィル①Takeshi KAWAKAMI

1989年       石川島播磨重工業(現在IHI)入社

2005年~2007年     IHI橋梁事業部海外プロジェクト部

2009年       橋梁・水門部門の分社化によりIHIインフラシステム発足

2011年~2015年  イズミット湾横断橋プロジェクトマネージャー

 

 

駐在員@2015.8-9IHIロゴIHI Infrastructure Systems Co., Ltd.

 İzmit Körfez Geçiş Köprüsü Şantiyesi, Diliskelesi Mevkii, DilovasI 41455,Kocaeli

 +90-850-250-5800

 www.ihi.co.jp/iis/english

 

 

Istanbul Navi 2015年10月号 第25通-株式会社 ダイキントルコ取締役副社長 西村英記 さん