MASUMIのモードなイスタンブール Vol.6

 

Istanbul Navi 2020年10月号

パンデミックの奇妙な夏も終わりを迎え、Kavak(ポプラ)の色づきがイスタンブールに秋の訪れを感じさせてくれます。エーゲ海での夏休みから私もイスタンブールに戻ってきました。皆さまも素敵なバケーションを過ごされましたでしょうか?

パンデミックは人々の日常を180度変えましたが、トルコ人の夏のTatil(バケーション)文化は内容は変われど健在です。私はイスタンブールのナイトライフを楽しむ代わりに週末は都会を抜け出して山や海でキャンピングやスポーツを楽しみました。そしてこの夏はファッショナブルでファンシーなBodrumではなく、趣向を変えてーゲの風の街・Urlaへ……。

Urlaではファーミングをしたり、採れたての食材でトルコ料理をしたり、ワイナリーを訪れたり、海から海を移動するトレッキングにトライするなど、エーゲの大自然の恵みを大いに満喫しました。

 @Urla Winery

 Urla近郊のビーチ

İzmirから車で1時間ほどに位置する、エーゲ海に面して飛び出した地形の山と海に囲まれた街・Urlaはワインやオリーブの産地としても有名です。手付かずの自然が残り、よりローカルで地産地消、サスティブルなライフスタイルが残るここは、今回のパンデミックによって人々の意識がより”Locavore”へ向かったライフスタイルにぴったりな街でした。

Urlaの中心街となる旧市街の通りはそれはそれはお洒落で、素敵なカフェバーにレストラン、こじんまりとしたブティックやアンティークショップが立ち並ぶアルティザンの街、そんな風に感じます。

中でも一番のお気に入りはここ〈İstifçi Urla〉(写真左)。一見モロッコを感じさせるデコレーションで、古い石造りをリノベーションしたブティックとレストランカフェが併設されたコンセプトショップです。中庭のレストランカフェはオープンエアーなのが安心、夜はライブミュージックも楽しめ、お洒落な若者の集まる場所。たまたま有名なGöztepeサッカーチームの選手もいました。

エーゲ海らしいネオンカラーと自然なモチーフの手作りアクセサリーが目を惹くAmber Art〉(写真右)もお気に入り。家族経営のOnly one shopで、父親が作ったアクセサリーを母娘で販売しています。オンラインショップはなく、ここにしかないあなただけの一点を見つけることができます。

他にもハンドメイドセラミックショップもあり、この通りは私のトレンドになりました。
UrlaにはFarm to Table”というコンセプトの素敵なオーベルジュもあります。山奥に佇む石造りの建物の周囲にはワイン畑やオリーブ畑が広がり、一流のシェフによる創作地産料理を楽しめるブティックホテル……そんな場所にも行きたいですね♬

Urlaでの日常は、朝風の向きを確認してその日のビーチを決めることから始まります。風の強いビーチの裏側は風がないことをUrla育ちの友人から教えてもらいました。風の街・Urlaにはトルコ初の風力発電もあります。

畑で取れた野菜や果物はKahvalti(朝食)のテーブルに並び、オリーブは畑から、4年後のワインの出来上がりを夢見てぶどうの苗木が植えられ、食べ終わった魚の骨は猫の餌となり、生ゴミは肥料として畑に還ります。湿気のないカラカラに乾燥したこの地は暑くても過ごしやすく、日中は火照った体を海に沈めて過ごし、夜はDondorma(アイスクリーム)片手に海沿いを散策……エーゲ海の夏はゆっくりと過ぎていきます。

トルコにはエーゲ海に黒海、地中海と夏のバケーションの選択肢がたくさんあり、なんて贅沢なのだろうと思います……。

イスタンブールにおいては、車で1時間も走れば大自然を満喫できます。都会の喧騒に疲れたら、少し抜け出して生きるエネルギーを蓄えたいですね。

6月から毎週末キャンピングをし尽くした私ですが、実は自分がキャンピングを楽しむ日がやってくるとは思ってもいませんでした。

 左ー黒海沿岸Şile 中ーマルマラ海沿岸Silivri 右ー黒海沿岸Kıyıköy

ビギナーにはトイレやキッチンが使えるキャンピング場がベターですが、大自然を満喫できしたい方にはワイルドキャンピングがオススメです。

 おしゃれにキャンピングを楽しむ人々もたくさん増え、トルコ人の“いかに楽しむか”というクリエイティブさを垣間見ます。自然のダイナミックな世界をお洒落に満喫するためにぜひともオススメしたい商品の1つにPeştemal(ペシュテマル:ブルダンで作られたオーガニックタオルでビーチタオル、ブランケットなどあらゆる場面で多岐に使えるアイテム)があるのですがついには自分のブランドで作るところまで至ってしまいました。

パンデミック前のような世界は戻らないかもしれませんが、どんな状況であっても人の生きる力と人生を楽しむ想像力は無限ですね。今まさにトルコの自然を楽しむ最高のシーズン、新しい自分のライフスタイルを生み出しながらイスタンブール郊外の自然を満喫してみてください♬

さて、都会・イスタンブールの最大の魅力はコミュニティカルチャーとナイトライフだと思っている私ですが、このパンデミックにより大きく規制がかかってしまったこの二つを恋しく思っていましたが、次回はカンバックしたKadiköyのカルチャーとナイトライフをご紹介します♬

 

 

URLA Winery

8028Sok.No:12,Kuşçular,Urla,İzmir
www.urlasarapcilik.com.tr/

aaa

a

İstifçi Urla

 Yeni Mah,Zafer Cad.No:64,Urla,İzmir
 @istifciurla

a

Amber art

Zafer Cad. No:48/B,Yeni Mah,Urla,İzmir

 

 

maison masumi Peshtemal 

info@maison-masumi.com
@maison_masumi
www.maison-masumi.com/items/33901019

aaa

 info@maison-masumi.com
 www.maison-masumi.com
@maison_masumi

 vol.5  aaaaaaa                           バックナンバー